企業訪問(1)【東日本高速道路株式会社 様】

私たちECO REPORT WAY 21のメンバー8名と佐々木教授の計9名で訪問させていただきました。

まず、佐々木教授より武蔵野大学環境学部の環境プロジェクトについて説明していただき、学生(小野)からECO REPORT WAY 21の活動についてと報告書評価結果のご報告をさせていただきました。

学生メンバーのうち5名は新メンバーで、とても緊張した面持ちでしたが、全メンバーが発言をし、とても活発な意見交換となりました。

以下は、意見交換後の東日本高速道路株式会社様からECO REPORT WAY 21へのコメントです。
「企業の実態及びその企業が社会的にどのような役割を果たしているのか等、学生の段階でここまで掘り下げて研究し、かつ実際にその企業に対して提案を行うという活動は、すごく画期的な取組みであると感じました。
何よりも『生の教材』を使用することで、より濃密な学習が可能になりますし、もはや大学を超えて『社会勉強』の域に達していると言ってもいいのではないでしょうか。」

ECO REPORT WAY 21の企業訪問は今年で3年目となります。
企業の方にも、私たちの活動を「画期的な活動」と感じていただけることは、とても嬉しく思います。
9月以降、たくさんの企業へ訪問させていただく予定ですが、それらの活動にも弾みをつけていきたいです。