企業訪問(1)【株式会社 荏原製作所 様】

私たちECO REPORT WAY21のメンバー4名(3年生1名、2年生1名、1年生2名)と佐々木教授の計5名で訪問させていただきました。荏原製作所様は現在私たちが評価の際に利用している「21の指標」を作成している時からご協力頂いている企業です。まず、学生から荏原グループCSRレポート2011の評価・分析結果をご報告し、その後意見交換をしました。
意見交換では、私たちが行った評価や質問に対して真剣に耳を傾けていただき、また企業の方からもたくさんのご指摘やご質問を受けることができ、多くの意見が飛び交う有意義な意見交換会にすることができました。
その中で、「評価を行う際、事業と理念をしっかり見た上で ”会社の姿” ”職場環境” ”環境への取組” の各項目を評価しているのかどうかが不透明なので、『会社の事業と理念を見る指標』を設けることによって、事業と理念も理解した上で評価しているのかが明確になるのではないか。」というご指摘を受けました。
企業は第一に理念(その企業が世の中でどうありたいと思い、世の中の為に何をしたいと思っているのか。)を掲げ、その理念を達成する為に事業を行っています。現在、私たちが評価している ”会社の姿” ”職場環境” ”環境への取組”は根本の部分である理念の達成と事業の成功を支えるものであるので、『事業と理念』についても評価することによって、それらの関わりも見えてくると思います。また、私は現在就職活動を行っていますが、私自身働きたい企業かどうかを考える時に福利厚生などの職場環境よりも事業内容を一番重視しています。よって、私たちがリクルート視点で評価していることを考慮しても、一層このご指摘には共感でき、新リーダーの高木も来年度の指標変更の際に取り入れようと言っていました。