エコプロダクツ2012出展(5回目の出展)&同時開催セミナーでの講演

エコプロダクツ2012 同時開催セミナー/環境・CSRレポートの有効発信

― リクルート視点と企業視点との融合 ―

2012.12.13  東京ビッグサイト会議棟

 

今年は3年生メンバーの田口・鈴木を中心にエコプロダクツ展を運営しました。 2012年度の活動成果を伝える場として、多くの来訪者の方にERW21を知ってもらう機会となりました。 リクルート視点の21の指標を使って企業の環境・CSR報告書を評価・分析する活動は斬新的で面白い活動であるといった多くの賞賛のお言葉を頂くことができました。
並行して13日(木)に行われたエコプロダクツ2012の同時開催セミナー『環境・CSRレポートの有効発信―リクルート視点と企業視点との融合―』では、佐々木教授をはじめ、リーダーの高木(3年生)、ニッセイエブロ㈱の伊関様の3名で、学生による企業の環境・CSRレポートの評価・分析事例および作成事例の紹介をさせて頂きました。
満員(100名)の中でスピーチさせて頂く機会は、高木にとっても貴重な経験になるとともに、ERW21の活動を十分に知ってもらうことができたと思っております。
ご参加いただきました皆様には心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
多くの方々から頂いたご意見・ご感想を糧に、来年度も充実した活動ができるよう努めてまいります。
ブースに訪れた皆様、セミナーにお越しくださった皆様、お忙しいところご来訪、誠にありがとうございました。

---

▼セミナー内容 (敬称略)

● 環境・CSRレポートの動向と武蔵野大学の活動概要
   武蔵野大学 環境学部 教授 佐々木重邦
● 企業の環境・CSRレポートの評価・分析事例紹介
   武蔵野大学環境学部 ECO REPORT WAY 21リーダー 高木 健
● 産学協働による企画・制作/CSRレポート制作の事例紹介
   ニッセイエブロ株式会社 ディレクター 伊関 直人

● 質疑応答

---