企業訪問(2)【サントリーホールディングス株式会社 様】

私たちECO REPORT WAY21 (ERW21)の3年生2名と2年生2名、佐々木教授の計5名で訪問させていただきました。サントリーホールディングス株式会社様は、昨年度から引き続き私たちの活動にご協力いただいており、今回で2度目の訪問となります。

今回の企業訪問の流れは、担当者の岡本よりERW21についてのご説明、「サントリーグループCSRレポート2014」の評価・分析結果を報告させていただきました。

その後の意見交換では、学生のCSR報告書に関する考えや会社に対するイメージなどを積極的に聞いてくださり、学生の考えを参考にしようとする強い姿勢を感じ、非常に印象に残っております。私たちの考えを聞いていただけるというだけではなく、来年度のCSR報告書作成にも反映しようという思いも伝わり、大変感謝しております。

今回の意見交換を通じて、「人と自然と響きあう」という企業理念の基、環境保全を重要視し、企業全体で真剣に取り組んでいること、ステークホルダーの声を積極的に受け入れていることなど、サントリーホールディングス株式会社様ならではのCSR活動について、さらに理解を深めることが出来ました。

また、CSR報告書の役割や編集方針について、実際にCSR報告書を作成している方々のお考えを聞くことにより、CSR報告書とはどのようなものであるべきなのか、私たちがCSR報告書を評価する際に何を意識するべきか、ということを改めて考える良い機会をいただけたと思っております。ありがとうございました。

さらに、昨年度のCSR報告書以上に今年度のCSR報告書で記載を工夫した箇所やその記載に関する思い、CSR報告書を作成している方々のお考えを知ることができ、非常に勉強になりました。そして、CSR報告書の作成にかける熱意を感じることもでき、私たちにとっても有意義な意見交換になりました。

サントリーホールディングス株式会社様、大変お忙しい中、貴重なお時間を頂きまして誠にありがとうございました。

ERW21 メンバー 岡本