企業訪問(3)【イオン株式会社 様】

私たちECO REPORT WAY21(ERW21)の3年生3名と2年生1名、佐々木教授の計5名で報告させていただきました。イオン株式会社様は、昨年度から引き続き私たちの活動にご協力いただいており、今回で3度目の訪問となります。

 

今回の企業訪問の流れは、担当者の服部よりERW21についてのご説明、「イオン環境・社会報告書2014」の評価・分析結果を報告させていただきました。

報告の時に何度も噛んでしまい、とても聞きづらい報告になってしまいましたが、真剣に聞いてくださりありがとうございました。

その後の意見交換では、報告や資料の記載内容について気になったことを話し合いました。

 

今回の意見交換で特に印象に残っているのは、1991年から続く「イオン ふるさとの森づくり」という植樹活動です。イオン環境財団による植樹を合わせて、2013年に植樹本数1000万本を突破しました。1000万本を通過点ととらえ今後も植樹活動を続けていくこと、次の1000万本に向けて「植える」「育てる」「活かす」活動を強化していく、ということを知ることが出来ました。そして、イオンの「木を植えています」というマークには、単に木を植えるということだけでなく、いろいろなことに「種をまく」という意味が含まれているという、報告書には記載されていないことを知ることが出来ました。

 

また、学生目線からの報告書に関する意見を求められ、報告書を誰に対しても読みやすくなるよう、この報告書を昨年度よりも、より良くしていこうとする熱意が伝わってきました。

今後のイオン株式会社様の報告書作成、環境貢献活動、事業活動により一層の期待感を感じました。

 

イオン株式会社様、大変お忙しい中、貴重なお時間をいただきまして誠にありがとうございました。

ERW21 メンバー 服部